肌の状態が悪い時は放置しない

スキンケアを見直してみる

肌が敏感・乾燥などの状態で不安定なときは、放置するとシミの原因を作ります。肌が乾燥してかゆみを感じるときは、保水力が不足していると考えられます。また保水力が低くて皮脂分泌が多いインナードライもシミを誘発するので注意してください。肌の状態が悪いときは、今までのスキンケアを見直していく必要があります。放置すると状態を悪化させてしまうので、まずは洗顔から見直ししていきましょう。洗顔回数は朝と夜の1日2回が好ましく、回数を増やしすぎると乾燥やオイリーを引き起こすことがあります。洗顔のコツはゴシゴシとこすらないことで、こすると角質に傷をつけてバリア機能を低下させます。バリア機能を正常にするためにも、十分に泡立てた洗顔料でやさしく洗顔してください。

肌の保湿ケアで正常肌を維持しよう

シミ対策の基本は保湿にあるため、洗顔後の保湿ケアはしっかりと行いましょう。化粧水を普段より多めに使用する、乳液やクリームで水分の蒸発を防ぐ、日焼け止めの使用を日課にする、などのケアが必要になります。スキンケアが面倒だからとサボってしまうと、将来の肌質に影響してくるので注意してください。肌のターンオーバーの周期は大まかに1~2ヶ月サイクルとなるため、手抜きケアをすると1~2ヶ月後に肌トラブルを招くことが多いです。シミが発生しにくい肌は正常肌であり、正常肌から外れてしまうとリスクが高くなります。ヒリヒリしている状態は肌の元気がなくなっているため、美容液の使用をおすすめします。美容液は化粧水で補給した保湿成分を安定させる役割があるのです。